2009年08月27日

back to underground

近況を!
といっても、相変わらずDJ、ライブ、トラックメイキング、のルーティーンなんだけど、、、。

現在Beyondからの2nd EPを制作中です。1曲は決まったのだけど、あと1曲が、制作仕事やライブ準備の関係でなかなか出来ず。もっと時間が欲しいです。年齢を重ねるごとに、時間経過の体感速度がどんどん早くなってくるのは、例に漏れず。ああ、今月でまたひとつ歳を取りました。

1日のfeat. MyMyではいい感じだったWCのパーティーの方は、Salmonくんと色々協議して、年内はちょっとお休みしようということになりました。今年前半は2か月に1回とハイペースにやっていたし、何よりSalmonくんも僕もトラックメイキングに時間を割けなくなってしまっていた為。

それに、ここ最近どうもパーティーに食傷気味というか、色々なパーティーに行っても没個性的で、同じような性質の人たちの同好会的なところが多く、じゃあWCは?他とは違うぞ、という気持ちで個性的であることを意識し続けているのだけど、2か月に1度の早いスパンだと、どうしてもルーティーンワークになってしまっていた。

その結果、お客さんとの体感温度差がどんどん広くなってしまう。Salmon君も僕も、例えばDashaにしても、ビジネスマンタイプではないので、どうしても、自分たちが面白い!という構想で、来る人たちと楽しさを共有したいという気持ちがある。

なので来る人たちがもっと面白い!と思える構想をちゃんと暖めて、来年再開したいと思います。再開は、2010年1月を予定してます。来月、徳川家康のミックスCDもリリースされるようだし(内容もさることながらジャケットも素晴らしい)、WC期待していてください。

僕個人として今年後半は、もっと重心低くやっていこうと思ってます。西麻布のColors Studioが無くなったり青山LOOPでのパーティーもやっていないところで、どうしても根無し草というか、いつもショーマン的なDJやライブしか出来ていなかったので、少し、クラブのアンダーグラウンドの良さを、実験しつつ、再確認していきたい。そのフィードバックをBeyondなどの曲に活かしていきたいと思っている。

その第一弾として、来月は久々地下茎ツアーやります。Maryさん来日です。

chikakei_omote.jpg
chikakei_ura.jpg

Maryさんはこの御時世にも関わらず、今年も全国7か所公演。一緒にDJするのもベルリン以来で楽しみです。因みに11日は千葉Marine Piece、20日は名古屋Magoでも一緒にプレイします。

各所予定空けておいてください。では!
posted by gonno at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | dj/live info

2009年08月06日

先週を回想

7/31のライブ@Module、8/1のWCと立て続け、遊びに来てくれた皆さんありがとうございました。&関係者の方、お疲れさまでした。

WCに関してはもう8回目、勢いをキープするのが本当に大変ですが、8回目もだいぶ盛り上がってホッとしてます。当日DJブースがフロア脇にあって、あそこでのDJは初めてでやり辛かったけど、たいていあそこでDJやると人がはけるにも関わらず最後までお客さんも残ってくれて、本当にうれしかった。昔にGOLDとかYELLOWとか一緒に遊びに行ってた高校時代の同級生とも会って酒を飲んだ。

WCもそろそろ新しいフェイズに入らなければという必要を感じてます。パーティーとしてはやっぱり、遊びにくる人にとって面白くないことは、やりたくないわけで。ただいま模索中。

ライブに関しても、もっとDJライクというか、フロアのリアクションとパラレルに進行していくものにしたいのだけど、なかなかそこまで辿り着かない。そんな中31日のCherryくんのライブはものすごく良かった。また見たい。

最近クラブが同人誌的な楽しみになってしまっていて、分かる人には分かる、という流れが、あまり好きではない。ポップでキャッチーな事をやろうというわけではないのだけど、排他的なものというのが昔からあまり好きではないので、どうにも、この状況はいたたまれない。

そんな気持ちを打破すべく研究してます。新しいEPの話も動き出したので、ここは身体に鞭打つとするか…。

そういえば、初めてRemix誌に僕のチャートが掲載されています。
NO218_1.jpg
リニューアル第1号に載せてもらえて何だかうれしいです。後半にちょこっと載ってるので、チェックしてみてください。
posted by gonno at 12:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | retrace my shit