2009年10月29日

Warpholic

warp20.jpg

HMVウェブサイト内のWarp20周年特集にアーティスト達のコメントが掲載されていて、
その中に僕のコメントも載ってます。
http://www.hmv.co.jp/news/article/910070031

以前にも書いたかもしれないけど、もともと僕はUSのハウスが好きでクラブに行きだしたクチで、AphexやAndy Weathallは知ってたけど、Warpってああ、テクノのレーベルねみたいな感じで、レコードを集め出したのは随分あとのこと。

それから後、ハウスの音楽性が様式美に感じて、DJが楽しくない時期があった頃に、WarpやPlayhouseのレコードを友達に教えてもらって、色んなドアが開いたと感じたものだった。ああ、テクノの中でもForce Incは昔からIan Pooleyとかが好きで買っていたけど、その後にAkufenとかSutekとか斬新なレコードの衝撃も、当時の記憶と重なります。当時もそのテクノの「型にはまらない」感じが好きで、これからどんどん面白い音楽が出てくるんだろうなぁ、とわくわくしていた気がする。

正直、その頃聴いていたものから今のテクノが進化しているかといったら分からないのだけど、少なくともWarpは、ずっと進化を続けてるって断言できるし、これに異論のある人は居ないんじゃないでしょうか?20年ずっと革新的でいるって、並大抵の事じゃないな・・・超・リスペクトです。

最近フェスっぽいものに行ってなかったけど、今年のエレグラには行こうかなぁ。
posted by gonno at 14:21 | Comment(50) | TrackBack(1) | news

2009年10月26日

Bandcamp

bandcamp.jpg

James Holdenのブログに書いてあったのを見て初めて知ったのだけど、Bandcampというサイトがすごく面白いです。

色んなアーティストが、自分で音楽をアップロードしてそれを試聴できるサイトはよくあるけど、このBandcampはその楽曲を販売できて、しかも価格を買う人に決めてもらうというシステム(最低1ユーロから)。もしこのサイトが主流になったりしたら、もうレーベルとかの概念が必要なくなっちゃうねぇ。

因みにJames Holdenもお勧めしてるMatthysというアーティストの楽曲を買おうとしたら、先日にクレジットカードを不正利用されちゃった関係で(Twitterを参照のこと)カード決済できず…うーん、クレジット決済ってカード無いと何もできない(当たり前だけど)。

しかしながらこのBandcamp、最近似た傾向の音楽が多すぎて食傷気味のBeatportより、ハマってしまうかも。

話は変わりますが、そろそろブログを移行しようかと考えてます。youtubeの動画とか貼りたいのだけどここのblogサービスが対応しておらず、ソースを書き加えたりもできないので。移行したらまたお知らせします。

今週土曜は1年ぶりに大阪だ!大阪の友達とも会いたい。
posted by gonno at 07:07 | Comment(0) | TrackBack(1) | news

2009年10月20日

lately

落ち着いて日記を書くのがここ最近できず、久々になってしまいました。

TwitterやMixiとかでぼそぼそと色々言っていたりはするのだけど、総論というか、自分は今こうです!というのがなかなか煮詰まらず、ここ最近ちょっとブレ気味だなぁと。

色々やってて忙しかったというのもありますが、因みに、9月のMary Janeのツアーは凄く充実していて、初めて行った名古屋MAGOは良いクラブでした。東京にもあんな良いお店あるといいなぁ。それと、最近四つ打ち以外のものを作る機会があって、これがまた自分にとって良いHow toにもなっていて、トラックをつくる下地はできた。後は作るのみ(まだ作ってねーのかよ)。

そんな自分の履歴を辿って思うに、やっぱり今のテクノやダンスミュージックに、う〜ん、という。自分にとっては様式美的で退屈になんだろうな。クラブ的な会合に顔を出しても、今これ流行ってるよね的な、これが今のベルリンだよね的な、これがエッセンシャルでリアルだよね?的な?話にしかならず、あんまり刺激的じゃないなぁ。誰か俺の心を打ち負かしてくれ、的な・・・。

いつの時代もどんなジャンルも同じで、様式美化すると、それが手本となって基軸となっちゃうから、新しいものが出てこなくなっちゃう。例えばオルタナティブロックやヒップホップは僕にとってはそうなってしまって、特にオルタナなんてそうでないのが美徳だったのにね。あと体験していないけど、多分70年代のプログレとかもそうだったんだろうなぁ。曲が長けりゃいいとかになっちゃったんだろうな。

最近、音楽がルーツ志向だったり、先祖がえりしているとか言われていて、基本に立ち返るのは時として必要だけど、サウンドそのものが「音楽が元気だった時代」のものに似せて作られている気がして、基本に返るってそうじゃないだろ〜、と、思ったりするわけです。その時代にあった革新にもっとフォーカスするべきなのでは。

と、相変わらず批判精神旺盛なわけであります。刷新なくして進化は得られず。

言いたい事がありすぎる故、これからまた、マメに日記書きたいモードに入ってきました。Twitterとかだとマルチバイトでは言える事が少ない、煮詰めて格言みたいに言えないわ。「うざったい」という言葉について1000字くらいのダラダラした文章書きたいわけですよ。そしてそれを「うざ(った)い」と思わない、悶々としているアツい方々とお付き合いできれば!と思ってます。

はぁはぁ・・・取りあえず要点をまとめると、

・自分の感覚に実直なサウンドを出す
・それが相互通行的である
相互通行的である環境で何かをする これ違うなぁ、相互通行的になるようにその環境をもっていく、だ。

というのが、当面の目標。

今年も残すところあと2カ月弱、来週は去年ぶりの大阪、初めて大阪でやったときと同じZingです。
posted by gonno at 11:38 | Comment(7) | TrackBack(2) | talk to myself

2009年10月05日

10.11

WC XTRA!!!!!!

WC09FlyerOL_omote1.jpg
posted by gonno at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(2) | dj/live info