2008年05月15日

モニター・スピーカー

モニタースピーカーを買い換えた。

今までKRKというメーカーのRP-5という、比較的安価なものを使ってたんだけど、どうしてもミックスが上手くいかず、他のラージと聴き比べて1曲のミックスに半月を費やす…という感じだった。

実はミックスダウン、個人的には曲作りと違ってあまり楽しむことができず、出音を細かくチェックし過ぎて、肝心の曲にかける時間を費やせなかったりしていて結構ストレスが溜まるものだった。「耳が悪いのかな?」とか自問したり。

だからなるべくミックスに神経を使いたくない、としたら出音の確認を早くこなしたい→モニター替えた方が良い、ということで、DynaudioのBM6Aという、一回り大き目のスピーカーに替えました。

音楽製作に携わる人からしたら当たり前な事だけど、音楽をつくる為のスピーカーというのはただ良い音が鳴っていては駄目で、(主観にも寄るけど)良い音質の曲を鳴らして初めて、良い音が出るというものでなければいけない。そういった意味でBM6Aは、以前のRP-5より断然シビア。今まで作っていたものの中で気付かなかった音のアラが、よく分かります。これを鳴らしながらあまり意識せずミックス作業していると、自然と良い音になってる。今まで2週間くらいかかっていたものが2日間くらいで進みそう。

これは強い味方に、なってくれそうです。

webmail.jpg
画像汚いね。携帯のカメラだったので。
posted by gonno at 11:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | talk to myself
Re:
この記事へのトラックバック