2008年07月10日

Re: 7.5.DJ Wada Release Party

先週末はWadaさんのリリースパーティでDJ。

他出演者もRyo Murakamiくん、A-inc、Shu Okuyama、Keita Magaraくんなど、馴染み深くも濃い面子で其々のアクトも断片的にしか聴けなかったけど皆良かった。

自分の出番は最後で5:00〜1時間。ここ1ヶ月くらいDJの調子がいまいちだったので掛けるレコードやプレイ内容を少し練り直していて、1時間という短い時間ながら、プレイしているうちに段々とそれが板に付いてきた感があって、次のプレイでは良い感じになると思う。あとここ半年くらいで、フロアが「こういうものが聴きたい」というのが顕著過ぎる気がしていて、そういう意味ではダンスフロアがクローズな感じになってきているのか、と思った。

プレイ後はMagaraくんとWadaさんとバックトゥーバック、Magaraくんも説得力のあるDJだったけど、何よりWadaさんとプレイしてビックリさせられた事が多かった。自分がEQ設定で若干攻め姿勢の音質にした後、Wadaさんは信じられないくらい豊かな低音、そして全く煩いと感じさせない音質で、ミックスしてくる。

音楽の深さに魅せられた瞬間だった。

posted by gonno at 13:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | retrace my shit
Re:
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16805683