2008年09月17日

9月

8月の喧騒も過ぎて、外の空気もあっという間に涼しくなった。

8月終盤〜9月序盤はRock Westのアフターアワーズ、金曜SaloonでDJ、アフターでのDJはかなり調子が悪く、トラックを試し試しプレイしているままで終了。ここ最近プレイしたくなるようなトラックが見つからず、かといって妙にフロアで喜ばれるようなものにも食傷気味。その辺のバランスが全て悪い方に出てしまった感じ。外界を意識しない、作り手が素直なトラックが見つかれば、簡単に解決するのだけど。やはり良かれ悪かれDJはプレイするトラックに依存してしまう。Saloonでは現状を把握、とにかくフロアの足が止まらないような、キックとハットの間隔で流れていくようなプレイに終始徹して、功を奏し、後半UNITでAgoriaのDJが始まると途端に人が減ったけど、中盤までフロアに人が集まり満杯となった。面白いと思ったのが、ブースにたかるお客さんがぶつかる度にアナログは針飛びして、お客さんはその影響で冷めてしまうのだけど、CDはちょっとぶつかった程度では音は飛ばない。例えばこれはミックスが上手くされていないDJにも言えることであって、音の質が良くても、音が飛んでしまったり、音楽の持つ温度がそれに見合わなかったりすると音そのものに魅力が損なわれていくわけであって、音質を追い過ぎるという方向性にパラノイアとなることは、それに束縛され創造性や利便性が失われていくという、そんな極端なシチュエーションをふと考えたりもしました。

最近までどうもパーティに熱が入れられなかったのだけど、この日のSaloonは良くなる切っ掛けになるような気がする。これから10月にかけて、Amate-Raxi〜大阪SoundChannel〜WC@UNIT〜ベルリンの幾つかのパーティーと、ありがたいことに、近い日にかなり幅広い、いろいろな場所でプレイできる機会を持てたので、また新しい、素直な流れを作りたいと思ったりしています。状況はまたここに書こうと思ってます。

ウェブサイト[k]rakcastも、地味に更新しています。現在Shingo Suwa君のライブ音源なども聴けます。今後はDJ Wadaさんのインタビュー、その他もろもろ。こちらも、素直に良いと思えるものを紹介していきたい。
www.krakcast.com
posted by gonno at 12:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | retrace my shit
Re:
ここで言うところの音質って何ですか?それは、どんな尺度で評価されている音質なんでしょうか?
たとえば、サウンドシステムの出せる音質のいい所をとられるスキルのようなものなのか、フロアで踊っている人たちが、「今日の音はいいね!」って言われる意味での音質なのか。音質という表現では難しすぎてよくわからないので、説明してもらえると嬉しいです。
Posted by gen at 2008年09月17日 15:19
はじめまして、コメントありがとうございます。ちょっと、言葉足らずですみません。

ここで僕が書いている「音質」はアナログレコードやCD、mp3等フォーマットに関する音質を指しています。

僕個人としては現時点でもアナログレコードの音が一番クラブに合っていると思っていて、古い出自もあり、つい最近までは操作性もアナログが一番馴染みがあります。(現在はCDJも、だいぶ慣れてきましたが・・・。)なので最近でもデータと同時によくアナログを買うのですが、アナログが音が良いとそれに固執するがあまり、例えば例に出した針飛びなどのトラブルで音が止まってしまっては、その音質も本末転倒なのだなと思ったわけです。

同時に引き合いに出した「ミックスが上手くいかないDJ」についても、例えばDJが出す出音がフロアにとって良い音であっても、そのDJのミックスが各トラック同士が上手く絡まるものでなかったり、また、先程書いた音のトラブル等があると、フロアの集中力は冷めてしまいます。特に最近のダンスフロアはそこに敏感で、各トラックの展開やエフェクト等より、違和感なく繋がれていくリズムを欲しているように感じたりします。あくまで、僕がDJをしている環境での尺度ですが!

僕がこの回想録で書き留めておきたかった事は、パフォーマンスにおいて様式美は必要ないということで、それをアナログレコードの音質と利便性を引き合いに出して書きたかったのですが、しかしながら、言葉が足らず・・・苦 上手く伝わって頂ける事を願うばかりです。

こういった拙文もこれから多々あると思うので、また是非ご質問して頂けると嬉しいです。

Posted by gonno at 2008年09月17日 18:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19515345