2009年07月24日

さいきん

DJや楽器を演奏していて最良の瞬間は、無我の境地で音が流れている時だと思うのだけど、先週のklass @ Moduleでは、そこに迫る良いDJができた。ちょっと前まで上手くできなかったけど、ここ最近また調子が良くなってきた。

フロアにいる人たちにこういう音楽を、と提示するのは基本的な事だし言ってしまえば誰にでもできることなのだけど、ダンスミュージックやそのDJに限って言うなら、長時間、曲間のMCも(最近は)なく音が続いていく、音を出す側と受ける側の長時間のパラレルな関係が続くという特性上、「たのしい」の送り手と受け手の相互通行が無いと成立しない。いわば、「音で会話する」というところに尽きる。

普通の会話と同じように、お喋りする互いの関係は色々ある。たとえば友達同士で話す雑談、酒場での熱っぽい会話、はたまた、先生の講義のようなもの。「フロアと会話している」という眼鏡で色んなDJを聴いていると、本当に面白い。ただ自慢話をしてる人もいれば、ギャグばかり言い放ってる人、説教臭い人、話をよく聞いてくれる人、話がいつも噛み合わない人、とか、色々いて、良かれ悪かれ、それがそのDJの特徴になってたりする。

ただ、これだけは言えるのが、何も話したいことがないし、何の話も聞きたくない、ただ誰かからの伝聞を、「○○らしいよ」と伝えている、そんな印象を受けるDJや音楽は、どれだけの知名度や前評判があっても、ダメだと思う。これは、いつの時代も、どの音楽でも変わらない。

少なくとも自分は、その日の会話が弾まなくても、フロアと話がしたい、と日々思うし、これからもそうしていきます。

話は変わり、KihiraさんやTerraくん達は、今ベルリンで、Suicide Circusという新しい箱や、今年でクローズするBar25で月末にプレイする模様。僕は8/1にWCがあるため、今回は断念しました。でも日本人がこうして海外でパーティーをやるって、貴重な事だよね。

Konnichiwa2.jpg

出演者が、フロアと話して大盛り上がりしてることを願います。

当方はその間、東京で盛り上がるぞー。
以下、WCまで、突っ走ります。

44722711_144.jpg

44718872_114.jpg

44799052_159.jpg


今週のRock Westは日曜の朝アフターアワーズで。翌週31日はModuleでライブ、12:00〜。
1日のWCは、MyMyの後の最後にDJする予定。

是非「おしゃべり」しに来てください。
posted by gonno at 12:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | talk to myself
Re:
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30786289