2012年02月13日

新年

ブログで新年のご挨拶してませんでしたね、、今年も更に音楽道に邁進して参りますので、宜しくお願いします!

昨年12月頃からとっても忙しかったんで、そんな密度で色々忘れてしまいそうな事もあるので振り返りながら回想/備忘録。

2011/12/2
恵比寿リキッドルームでDJ Dyeくん、Twin PeaksとのトリプルリリースパーティーにてDJ、こういった名うてのみんなの中でDJができるのが一番冥利に尽きるというか、がんばれる。恵比寿リキッドはDJ初めてだったけどとにかく音が良くてDJしていても楽しかった。DyeくんTwin Peaksも素晴らしいDJプレイだった。

12/6
兼ねてより頼まれてたTim SweeneyによるBeats In Spaceのラジオに僕のミックスが公開された。これ。9日に発売されるThe First Annual Report of Static Musicよりももっと自然に、寝て起きてターンテーブル触ったらという感じのミックスにしていて、普段のDJプレイとはだいぶ違う趣なのでみんなどう思うだろうかちょっと心配だったが、結果とても良いリアクションが得られて嬉しく、良い音楽なら耳を傾けてくれるんだという確信が得られてやって良かったと感慨。

12/7
とある広告の撮影で、DJ監修というちょっとそこに居て良いのかどうか面目無い役割でスタジオにお邪魔する。CM撮影現場を見る事自体初めてだったので困惑しながらもなんだか凄く新鮮で、自分がDJでどういう事をやっているかというのも客観的に感じられたので良い経験だった。でも早朝〜深夜までって撮影のお仕事をされてる皆さんは本当に大変だなぁと…。

12/9
ディスクユニオン限定でThe First Annual Report of Static Musicがリリース。BISのラジオショーとは打って変わってこちらは現場仕様な感じ。Static Musicという由来は、ネットに上がっていて軽くチェックできてそのうち忘れ去られてしまう動的(Dynamic)な音楽に相対する、パッケージも梱包も手作りの、その場の時間が止まっているような静的(Static)なものを、というところで命名したもの。ダウンロードでハードディスクのどこにあるか分かんなくなっちゃうようなものへのアンチテーゼなんですね、きっと。

12/10
Realrock Designの15周年記念パーティー@UNITでDJ。共演者は米西海岸よりThe Pacific Horizonsと、Clue-LのKenji Takimiさん。The Pacific Horizonsのライヴは思ったよりストレートなアメリカンロック的な感じでちょっと期待してたのと違ったけど、良いライヴでした。続くタキミさんもディスコクラシックをどんどん繋いでいってお客さんをロックさせてて凄く懐の深いDJだと感心させられた。僕のDJは前半とっ散らかってしまったけど後半に持ち直し。

12/22
この日はDJ NobuくんStereocitiさんと最も尊敬するDJのうちの2人とOppa-la。ただちょっと多忙だったのか急性腸炎に掛かってしまい行く前に病院へ。ギリギリまで寝て江ノ島に出発、朝方4時頃〜7時くらいまでDJしているうちに音で覚醒したのか処方薬が効いてきたのか、終わる頃にはほとんど痛みが無くなってた。音楽って凄い…。

12/23
この日はかのURはMad Mike BanksのバンドTimelineとSodeyamaくんの組み合わせでDJ。DJも調子が良く、Timeline交代前にURのメンバーからマイクで「Thanks for great DJ Gonno!」みたいに喋ってくれて、どう嬉しさを表現したら良いのか分からず、ブースからステージのURのみんなに向けてタイ人の挨拶のように手を合わせてお辞儀したら、彼らも同じく手を合わせてお辞儀してくれた。楽屋でMad MikeにもDJよかったぜ、ああやってライヴの前に音のムードを変えてくれて嬉しかったよ、と言われて舞い上がる。初めて対面するMad Mikeは本当に格好良くてオーラがあって、多分僕の目はアイドルを追っかけるグルーピーの子みたいになってたと思う。ラストのソデヤマくんもタイムテーブルが押して大変そうだったけど、Slam Me Babyとかツボにくるクラシックスを掛けてて踊ってて楽しかった。



今日は回想録はここまで。。。
posted by gonno at 02:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | retrace my shit

2011年12月27日

Looking back on 2011

今年は悲しいことも嬉しいことも沢山ありました。
また、来年2012年は色んな意味合いで本当の始まりの季節だと感じてます。
来年がんば。

年の瀬は渋谷のVisionでカウントダウン前にプレイします。
お相手はDerrick MayとJeff Mills、Hiroshi Watanabeさん。
http://www.vision-tokyo.com/event/20111231.html

元旦朝方にはRock Westでアフターアワーズです。僕は9:00頃から。


それでは皆様、良い越年を!



Most played:
Surfers Hymn (Actress Primitive Patterns Remix) / Panda Bear (Kompakt)
Rurals Dance / Vakula (Shevchenko)
Skin QER Remix (Reconstructed By DJ Nobu) / Moebius & Neumeier (Mule Musiq)
Deepn' (Gonno remix) / Ryoma Takemasa (Unknown Season)
FKTB #01 (DJ Sodeyama Remix) / FKTB (Arpa Records)
Atwa / Shocks (ESP Institute)
Acdise #2 / Gonno (International Feel)
Fluff In The Bellybutton / Jichael Mackson (Liebe Detail)
The Mountains / Nebraska (Rush Hour)
D2ME / Andy Hart & Francis Inferno Orchestra (Melbourne Deepcast)


Best Gigs:
10.02 "Freaks Village" @ さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト
04.16 "Sound Of The Next" @ 西麻布ELEVEN w/ DJ NOBU, CMT, Inner Science etc
12.23 "Timeline (UR Night)" @ 渋谷VISION w/ TImeline (UR), DJ Sodeyama, Takamori K. etc
09.03 "Polyphony" @ 青山Oath w/ Crystal, Asai
02.26 "Guidance" @ 西麻布ELEVEN w/ Deadbeat, DJ Dye, Rilla, Mantis
01.30 "VITAMINS vol.8" @ 渋谷Under Deer Lounge w/ Sho-mi, Nino etc


Most listened:
Jasper Van't Hof / Face To Face
山下達郎 / Ray Of Hope 〜 竹内まりやの音源
Stereociti / Kawasaki
Gonno / The First Annual Report Of Static Music
Beats In Space radio
ガーシュウィンを演奏している音源


Shout Out:
Laurent Garnier, DJ Nobu, Crystal, DJ Dye, Mad Mike Banks, James Holden, DJ Sodeyama, Dasha, Vakula, Inner Science, Tim Sweeney, Yoshi Horino, Yuka Noguch, Mark @ International Feel, Gatto Fritto, Derrick May, Salmon, all record stores who sell vinyls and everyone who supports my music.



See you in the future 2012!
posted by gonno at 03:14 | Comment(3) | TrackBack(0) | retrace my shit

2011年01月11日

A Happy New Year!

明けましておめでとうございます。

今年もどんな年になるか全然見当も付かないけれど、とにかく去年よりも良い音楽の旅が出来ればと思ってます。とにかく面白い、中身のある事をどんどんやっていく予定なので、今年もどうぞお付き合いくださいますよう、宜しくお願い申し上げします。

さて年始からOATH→Sound Bar+、少し経って8日に再びOATH、とDJでした。年始の朝はOATH、朝9時からで一発目らしく華々しくいきたかったけど、ちょっと自分のテンションとお客さんのそれとを上手く噛み合わせることができず不完全燃焼な感じだった。ノリや空気感の中での進行が途切れ途切れになっちゃった感があって、まぁこういうときTraktor Scratchのオートシンクとか使えば良いんだろうけど、どうも良しとしていなくて今まで全く使ってないんです。マニュアルでBPMを合わせることによる微妙なズレからくるうねりみたいなものが気持ちいいと思っていて、ただ時としてそれが分かりづらすぎたりテンポが正確に合っている方が良いお客さんもいたりで、今年はそういうときは使っても良いんじゃないか、と思うようになってきたんだけど、でもオートシンクつまらないから多分使わないだろうな・・。

最近はアナログ3割、Traktor Scratch7割くらいの割合なんだけど、やっぱりAudio8の出音が気になっていてまたアナログを買い出してたり、それとオヤイデのUSBケーブルでデータも随分トランジェントの鋭い音が出るようになった。やっぱり良い出音っていうのはそれだけでもう完成されているというか、DJ中に工夫の余地が時として無くて良いくらいのプライオリティだと思うので、箱のセッティングも含めて、良い音(踊れる音)というのは研究し続けていきたい。

逆に2日深夜のSound Bar+は近年久々に味わうくらいの良い感じにできた。正直2日の深夜だったからお客さん居ないだろうなと思っていたけどこれが居る居る、しかも大晦日からクラブに行ってる人たちだったと思われとにかく細かい音やうねりに反応してくれて、こちらも我が意を得たりで良い盛り上がりを作れたと思う。ああいう延々と音楽が流れていくんじゃないかっていう雰囲気久しぶりに味わった。あれは今年も引き続き味わいたいなぁ!

8日土曜には再びOATHで、Crystalくんのパーティー「Polyphony」にお誘い頂いて、ベルリンに帰国直前のSuwaくんも参戦してのパーティーでした。これが凄く楽しくて、自身も年始の雪辱果たしというか、うねりが続くプレイができて楽しかった。CrystalくんもSuwaくんも延々と続くようなグルーヴで、パーティーは9時ごろまで結構な数のお客さんで賑わった。

Sound Bar+とOath、音も凄く良いし、小箱今年はくるかも。Sound Bar+は今月15日にホントに残念ながら閉店するらしいけど、最終日までに是非行ったことのない方は体感してください。良い音出てます。

次回のDJは30日のUnder Deer LoungeというところでのVitaminsという、日曜午後のフリーパーティーで。こちらも日曜午後ながら盛り上がっているそうなので楽しみです。盛り上がっているところが各所点在していて、それぞれがどどっと大きくなっていくとまたどんどん面白くなってくよね。今年はなんだかそういう雰囲気がちょっと感じられて、期待してます。是非みんなで!
posted by gonno at 02:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | retrace my shit

2010年12月30日

2010回想

昨日のRODA @ MODULE、その後のアフターアワーズ @ ROCKWESTに遊びに来てくれた皆さん、ありがとうございました!パーティーはお客さんの活性で成り立つものなのだなと改めて感じた一日だった。MODULE本編は最後まで盛り上がって、Suwaくんのライヴがハイライトだった感じ。その後の自分は前半選曲の流れがチグハグな違和感があったけど、後半で取り戻せた気がします。あとテクノよりファンキーなハウスの方が盛り上がって、最近ディープなテクノにお客さん飽きてきてるんかな?MODULEの音質の影響かな。リハの時はベストな音が鳴ってたんだけど、人の身体で音が吸われてだいぶ印象も変わってしまったので、そのへんもっと工夫していきたい。なにはともあれ、盛り上がってくれた皆さんに感謝です。

思い返すに、今年は出るレコードが偏っていたなぁと。テクノならテクノ、ハウスならハウス、と、そのジャンルを真面目に踏襲しているようなものが多くて、DJトラックとしては超優秀なんだけど、反面、オルタナティブなものがなかなお目にかかれなくて寂しい年でもありました。でもダブステップはやっぱり面白くて、Hotflush周辺のアーティスト、James Blake、Falty DL、Cosmin TRGとかの新譜やリミックスでぐぐっと好きになってきました。もうちょっとDJでもプレイしたい。あとJames HoldenやBorder Community一派は相変わらず変な事やっていて今でも好きだなぁと。イタリアのMargotとそのレーベルも好きで買ってました。

今年は公私とも色々あって大変な年だったけど、悪いこともあれば良くなることもあるはずで、来年は今年よりも活発に動いていこうと思ってます。今年はMerkurからの一枚以外、制作があんまり出来なかったので来年は沢山やりたい。今年はそれまであまり一緒に関われなかった素晴らしいDJさん達、NOBUくんを始めとする千葉の皆さん、CRYSTALくん、STEREOCiTIさんやYONE-KOくんとかとも関われて、とってもいい刺激になったし、未来への期待を感じたりした。ダンス/エレクトロニック音楽をもっと工夫して、もっと魅力的な高みに持っていきたいし、今年は現実的に、その工夫の足りなさによく悔しい思いをした。色んな世界を見てるけど、やっぱりダンスミュージック素晴らしいです。聴くことや踊ることに高度な論理も必要なく、誰でもすんなり入れるし、その入り口は広いのに、出口は限りなく深い。中二病(この言葉キライ)みたいなこと言いますが、みんなが夢中になって踊ることによって、この殺伐とした世界が少しでも変わるんじゃないかと今でも思ってます。


思い出深いパーティー:

8.3 @ OPPA-LA (Enoshima) with DJ NOBU, KEIHIN
9.22 FUTURE TERROR @ DEEPA (Chiba) with DJ NOBU, DJ KURUSU, Marcel Fengler, Steffi
12.3 @ ELEVEN (NIshiazabu) with FOUR TET, O.N.O, INNTERSCIENCE, CRYSTAL
1.23 WC @ UNIT (Daikanyama) with SALMON, DASHA, KIMURA YUTA, Audio Jack
9.11 @ Bar Edge (Hiroshima) with REKI, Yoshida Akihiro , Mitsu , 黒田 , ABU
5.15 本音 @ OATH (Aoyama) with STEREOCiTI, YONE-KO, DASHA
12.27 RODA @ MODULE (Shibuya) with DJ WADA, SHINGO SUWA, YA'MAN etc

ベストレコード:
Locus  Pocus - Jichael Mackson (Ilian Tape)
Triangle Folds - James Holden (!K7)
Splazsh (album) - Actress (Honest Jons)
There Is Love In You (album) - Four Tet (Domino)
Mount Kimbie Remixes - Mount Kimbie (Hotflush Recordings)
Closed Timelike Curve - Marcel Dettmann Remix / Traversable Wormhole (CLR)
Short Days With The Orchid - Gonno (Merkur Schallplatten)

よく聴いた音楽:
Gershwinぜんぶ
Reimagines Gershwin - Brian Willson
Go - Jonsi
押し入れの聴かれてなかったハウスレコード
Splazsh (album) - Actress (Honest Jons)
Monsters (Original Motion Picture Soundtrack) - Jon Hopkins (Double Six)
There Is Love In You - Four Tet (Domino)
Crooks & Lovers - Mount Kimbie (Hotfulsh Recordings)

来年はもっと沢山の良い音楽やパーティーを体験したいです。

新年1日には早速OATHでDJします。以前の記事で7:00とお伝えしましたが、僕自身は9:00からDJします。僕の前はMasanori Ikedaサン、僕の後はお馴染みDJ Shibataくん、その後Neemuraくん、MOOさんと続きます。夜までやるぜ〜、朝方でも夕方でも夜でもぜひぜひ、遊びに来てください。

では、良い年越しを!来年も宜しくお願いします。
posted by gonno at 07:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | retrace my shit

2010年12月02日

movies: Live WC @ UNIT, 25th Jan, 2009



2009年、年始めのWC。ゲストは先日も来日したFederico Mollinari、Mayuriさん。徳川家康も登場でした。Mayuriさんも着物でフロア大盛り上がり、なんか凄い雰囲気だったな。この日が今までで一番求心力の高いライブだったかも。ライヴ中にKEIHINくんが上半身裸でステージに上ってきた!w KEIHINくん最高だなぁ。


さてさて、ブログでも告知しましたが、明日はFOUR TET @ elevenです。僕はDJでCrystalくんとこまめに交代しつつ、オープンから2時間半、ONOさんライブ後〜フィナーレまでの3時間くらいプレイします。最後まで遊びましょー。

c u @ the dancefloor!
posted by gonno at 13:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | retrace my shit

2010年11月29日

movies: Live @ Ritter Butzke Berlin 2008



これはBar25等に出演した翌年。Ritter Butzke(英語詠みでAqua Ritterって言うみたい)という、名の通り貯水棟(もしくは水道局?)の跡地に出来てる大きめの箱でのライヴでした。確かこのときはツアー2カ所目で、気負っていたせいかセットがちょっと派手に成りすぎちゃって、お客さん疲れちゃったんじゃないかな、と反省したのを覚えてます(ベルリンのお客さんはアップでエモーショナルなDJをあまり好まない気がする)。とはいえ、パーティーは確か昼12:00頃までやってたけど…。Ritter Butzkeも凄く良いクラブだったけど、Hangerってクラブが今でも鮮明に覚えているくらい凄いハコだったな、ベルリンの深部まで知ることのできたツアーでした。2008年冬。
posted by gonno at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | retrace my shit

2010年11月28日

movies: Live @ Bar25 2007



2007年の初ベルリン上陸時、名所だったBar25にて。Bar25も今年で遂にクローズ、もう更地になっちゃったみたいです。寂しいねぇ。
posted by gonno at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | retrace my shit

2010年10月04日

10.2

およそ10ヶ月ぶりくらいかな?久しぶりにライブしてきました。当日の野外は電源の関係で音が何度か止まったりして残念だったけど、幸い僕の時間から音は止まらず、次のYONE-KOくん、MATSUNAMIくん、NOPくんまでイイ感じになって、朝方良かったです。KEIHINくんやFUMIさんも出てて良い面子だったから、ちょっと惜しかったなぁ。

ライブ自体は、今はコンピューターでDJする人も多い時代ゆえ、DJとラップトップでのライヴとがどんどんシームレスになってきていて、自分もその棲み分けというのが、大まかに言うと他の人の楽曲か自分の曲かという感じになってきていて、ちょっと分かりづらくなってきているので、今色々試行錯誤中。今回のライヴは結局今までのライヴのやり方とそこまで変わらなかったんだけど、自分の曲なのでトラック(パート)ごとに細かくミックスしていくやり方で、そのおかげか音質がすごく良かったみたいでした。極端な話、1小節のループトラックでも音質が最高に良ければひたすら踊れますからね…。次は曲そのものをその場で今よりももっと細かく構築できたら、と随分前から考えているんだけど、自分の曲が比較的メロディックなものが多く素材もキーを合わせていかないととか、その辺かなり研究する必要があると思う。次はそんな感じでやりたいです。

ライブをやるといつも、DJってすごいなって思う。流れる音に感情移入できるし、長時間お客さんと流動的に交流しながら展開もできちゃう。これって楽器の演奏では到達するに技術や知識の引き出しが物凄く多くないと、結構大変な気がします。あとそれはやっぱりダンスっていう、フィジカルな切り口があって、徐々に徐々にと魂の交換みたいなものが出来ることが大きいとも思う。

勿論そういうことができるDJとできないDJは居るけど、一度それを体験しちゃうと、バンド演奏では勝てない部分があるんだよなぁ。僕もかつてそれで、DJを始めたくちです。
posted by gonno at 18:03 | Comment(0) | TrackBack(1) | retrace my shit

広島〜FT

9月は良いパーティーに恵まれて幸せでした。

広島のEDGEは小さい箱ながらも良い雰囲気でした。朝方には広島のDJさんが"Short Days With The Orchid"をプレイしてくれて、またそれが凄くイイ感じの掛け方で。例えば、この人はなんとなくこのレコードを掛けているんだろうなとか、そういうのって、あまり音楽に詳しくない人でも、その音に集中していれば感覚的に分かってしまうものなんだけど、DJのABUさん、なんだか本当に好きで聴いてくれてるんだな、と自賛してしまうくらい、イイ掛け方をしてくれてて、感激しちゃいました。ありがとうございます。

広島は初めて行ったんだけど、何より街の雰囲気が自分に物凄くしっくりくる感じがして、何故だかわからないけど、とっても居心地が良かったです。空いた時間に川辺でぼーっと、カメラを撮ってみた。



広島の皆さん、ほんっとーにありがとうございました!



その翌々週は、広島でも色んなひとに「やるんですよね?がんばってくださいね!」と声を掛けられた、DJ NOBUくんのFUTURE TERRORへ。広島でも噂になるって凄いですよね。

そもそも、なんでFUTURE TERRORでDJすることになったんですか?と色んな人によく訊かれるたんですが、切っ掛けはいたってシンプルで、8月に江ノ島OPPA-LAでNOBUくんとご一緒する機会があって、そのパーティーが平日にも関わらず、凄く楽しくて。それでDJが終わったあとすぐに、来月のFUTURE TERRORでやりませんか?と言ってくれて、ぼくも二つ返事で、やりたいです!っていう流れでした。シンプル故に、とっても嬉しかった。

当日千葉駅に辿り着くなり、パーティー直前の忙しい中NOBUくん本人がわざわざ迎えに来てくれたりして、その後もずっと親切にしてくれて、千葉のみんなもすごく地に足着いた気持ちの温かい人達で、なるほどこういうところで、繋がっているんだなぁ、と思いました。

肝心のパーティー自体も、噂通り凄かった。何よりまず、会場周辺って夜は本当に人が誰も居ないんです。なのに、続々と人が会場に集まってくる。ホテルまでの道を歩いていて若い人見ると、みんなFUTURE TERROR行くんだろうなと思っちゃうくらい。熊本や東北とかからも来てたみたいで、またその人達が、ずーっと踊ってる。物凄い求心力ですよね。とにかくずっと凄いテンションだから、ゲストのMarcel Fenglerとか、DJ終わった後に「Whew,,, what's that?(フー、これは一体なんなんだ!」と言ってたのが印象的だった。

フロア自体も凄い求心力で、朝方NOBUくんの後でDJしていて、お客さんを最後まで引っ張るので手一杯みたいな感じだったんだけど、踊ってくれた人は、どうだったんだろう。とにかく最後まで付き合っていただいた皆さんに感謝です。

そんな怒濤なるパーティーの最中でも、NOBUくん自身がデコレーションの設営をみんなと一緒に持ち上げたり、ついには電球が切れたっていうんで自分自身で電球を替えたりしていて、実はそれがすごくパーティーを象徴していて、自分がイイと思える事を自分たち自身でとことんやろうっていう感じで、そこに感動した。

NOBUくん、KURIくん、KURUSUくん、HARUKAくん、千葉の皆さん、ありがとうございました。良い体験だったので、これをDJでも曲でも、自分の某かにフィードバックさせたい。パーティーフリークでまだ行ったことない人は、是非行ってみてください。日本にもこんなシーンがある、しかも東京から一時間くらいの場所で、ときっと思うはず。ぼく自身も、また行きたいもの。

最近まで周囲ではダウナーな話題が多かったけど、そんな中で、ちょっとそんな荒野から芽がいくつか出てきたような、そんな雰囲気がパーティーシーンに出てきた感じがして、これからちょっと楽しみです。そういうときが一番楽しい。

それではまたパーティーで会いましょう!
posted by gonno at 17:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | retrace my shit

2010年09月07日

RODA

そういえば随分回想録的なものも書いてなかったな。

ちょっと前になりますが、8/27にMODULEで行われた"RODA"、遊びに来て頂いた皆さん、ありがとうございました!

パーティーはお陰様で大成功でした。WADAさんやKABUTOくん、ベルリンから一時帰国していたMIEKOちゃん、B1FでプレイしていたMokmalのTANABEくんや、SHINGOくん、ZOROくん、ATOO、個性溢れるDJさんにプレイしてもらえて良かった。反面、予想以上に沢山来ていただいたお客さんに上手く誘導というか、ひとつの方向性に向かわせ切れなかったかなぁ、というのが反省点。要因として僕がDJ調子悪くて、お客さんがフロアでどれだけの訴求をしているかというのが久々に外れちゃって、ちょっと反省。次回そこをもっと工夫したいと思ってます。まだまだ荒削りな部分もありますが、そういった不確定要素もクラブならではなので、今後も楽しんでいただけたら幸いです。

それにしてもやっぱり、パーティーを仕切るって大変だよね…そういった意味で助けてくれたKEIちゃん、YUUさん、LeitfadenのOKDさんにはほんとに感謝です。ありがとうございます。

次回は今年冬くらいにまたやれたらなと思ってます。
posted by gonno at 08:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | retrace my shit

2009年12月04日

Third Time of

DSCF3054.JPG

DSCF3022.JPG

DSCF3031.JPG

DSCF3044.JPG

DSCF3047.JPG

DSCF3048.JPG

DSCF3069.JPG

DSCF3071.JPG

DSCF3068.JPG

DSCF3049.JPG

DSCF3057.JPG

DSCF3060.JPG

DSCF3061.JPG
posted by gonno at 16:49 | Comment(0) | TrackBack(7) | retrace my shit

2009年11月04日

大阪

先週土曜日は大阪Zing。

実は初めて大阪でプレイしたのも6年前くらいのZingだったので、当時をちょっと振り返って懐かしい気分になったりしました。

DJは頗る好調で、久しぶりに時間を忘れるようなDJができたと思う。プレイ終了後、熱中のあまり汗で長袖Tシャツがバケツ水被ったみたいで、すぐに着替えに帰った。大阪の人達とは多分相性いいみたい、童心に帰ったような無我の境地でした。

それと、気づいたのがライティングやデコレーションが、東京より断然凝ってます。空間をどう非日常的にするか、というベクトルで、大阪のパーティーは凄く突出している気がする。依然Clapperでやった時のオレオって人たちも凄かったな。

途中Sound ChannelやClapperも行ったけどいい感じ、ハロウィンということでクラブにも人が溢れていて、大阪でいつも会う面々も来てくれて、楽しい一晩でした。

大阪の友人が、リハ中に携帯で撮ってくれました。
gonno_osaka.jpg

GADOGADO -Halloween Special-
10/31(sat)@ZING
open 22:00

door 2500/1d
w/f 2000/1d
仮装 1500/1d

-B1F FLOOR-

GUEST LIVE
SANCHO MEISO CHAYA(山頂瞑想茶屋)

GUEST DJ
Gonno (WC/Beyond Recordings)

DJ
HaRuKa(OWL/coco y pina)
DJ C◎KE(GADOGADO)
YUKI(GADOGADO/Deepulse)


LIGHTING
MESMERIST(unique)

DECO
IQUMI



-2F TERRACE FLOOR-

maiko(anima/throw)
Pco(gift(N))
MATSUO AKIHIDE(gift(N))
SOLA(TeLEphASic)
shimo(漢盛)
posted by gonno at 12:57 | Comment(1) | TrackBack(1) | retrace my shit

2009年08月06日

先週を回想

7/31のライブ@Module、8/1のWCと立て続け、遊びに来てくれた皆さんありがとうございました。&関係者の方、お疲れさまでした。

WCに関してはもう8回目、勢いをキープするのが本当に大変ですが、8回目もだいぶ盛り上がってホッとしてます。当日DJブースがフロア脇にあって、あそこでのDJは初めてでやり辛かったけど、たいていあそこでDJやると人がはけるにも関わらず最後までお客さんも残ってくれて、本当にうれしかった。昔にGOLDとかYELLOWとか一緒に遊びに行ってた高校時代の同級生とも会って酒を飲んだ。

WCもそろそろ新しいフェイズに入らなければという必要を感じてます。パーティーとしてはやっぱり、遊びにくる人にとって面白くないことは、やりたくないわけで。ただいま模索中。

ライブに関しても、もっとDJライクというか、フロアのリアクションとパラレルに進行していくものにしたいのだけど、なかなかそこまで辿り着かない。そんな中31日のCherryくんのライブはものすごく良かった。また見たい。

最近クラブが同人誌的な楽しみになってしまっていて、分かる人には分かる、という流れが、あまり好きではない。ポップでキャッチーな事をやろうというわけではないのだけど、排他的なものというのが昔からあまり好きではないので、どうにも、この状況はいたたまれない。

そんな気持ちを打破すべく研究してます。新しいEPの話も動き出したので、ここは身体に鞭打つとするか…。

そういえば、初めてRemix誌に僕のチャートが掲載されています。
NO218_1.jpg
リニューアル第1号に載せてもらえて何だかうれしいです。後半にちょこっと載ってるので、チェックしてみてください。
posted by gonno at 12:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | retrace my shit

2009年01月14日

pix n pals

23202578_839934458.jpg
後半の水曜は高架下にある中箱VCFにて。水曜なのにお客さん9時まで踊ってました。ライヴはこの日特に失敗もなくまとまりも出て、一番出来が良かった気がします。

23202578_839934458.jpg
金曜日はStereo33という小さな場所でShingo Suwaくんと朝まで。お客さんが空になって、最後にドアーズのThe Endをかけたら、店員がヒューヒューと言ってくれました。


最後の土曜は、シュプリー川に近い、最寄がOstkreuzのHangerというクラブ。ここは本当に凄くて、何が凄いかというと、草むらみたいな入口を金網のドアから入って、草ぼーぼーのとこ掻き分け奥へ行く。視界が拓けたと思うと外に卓球台があって、夜な夜なピンポンしている奴らがいる・・・相当マッドな雰囲気でした。あれ、写真撮っておけば良かった。

でもまぁ、こういう人が凄く多いとこでした。
23202578_2888529362.jpg

中へ入ると結構広めのフロアがあって、皆さんかなりご酩酊。
23202578_1212130594.jpg

昨日に引き続き遊びに来てくれたSuwa君と。23202578_3174120449.jpg

機材がローファイだった為セッティングトラブル等もあったけど、音は凄く良いとこで、この日のDJもいい感じで出来た。ていうか、自分がやってるとこの写真が全然ないよー。。。
23202578_1278459673.jpg
ごんのDJ中のフロア。

クラバー、ジャ〇キー、足の不自由な人、ゲイ、トルコ人・・・などなど、本当に色んな人が来ていて、Hanger凄く気に入りました。またここでDJしたい。

話せばキリがないので、興味のある人は行ってみてください。


さてさて今はもう2009年。来週末はお馴染み、WC@UNIT。ゲストはOsloレーベルのフェデリコ・モリナーリ、マユリさんです。僕もライブします。パーティでお会いしましょう!

Gonno
posted by gonno at 16:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | retrace my shit

2009年01月06日

it might be too late though!

そういえば!昨年10月のベルリンの回想録が途中で途切れてしまってたので、ちょこちょこ写真でもアップします。

aquaritter2.jpg
@ Aqua Ritter

前回動画を載せます、とか言ってたけど、このブログは動画埋め込みできないようで・・
youtubeのリンク貼っておきます。



23202578_1852863475.jpg
Mary Jane @ Aqua Ritter。真ん前のClub Mateというボトルはお酒ではなく、マテ茶のソーダ。


一昨年(2007年)のBar25等でプレイした際にお世話になったディストリビューターDiamonds And Pearls Musicにも再びお邪魔しました。

23202578_2888529362.jpg
若きオーナーのJohannes。クラブで会うといつも豹変します。


christian.jpg

スタジオにてEATのChristianと。お土産に、手作シンセが付録の学研の本を持っていったら大喜び。説明書も見ずに組立てて、更には改造まで施してた。

しばらくすると、Christianが押入れからゴソゴソと…

sk1.jpg
お返しにと、なんと名機Casio SK-1を貰っちゃいました。


もうちょっとつづく。
posted by gonno at 17:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | retrace my shit

2008年10月21日

Berlin 1st Week

schonefeld.jpg
Schonefeld Airport. Then I caught a cold already!

godengate2.jpg
I played @ Golden Gate on last Thursday.  It was fantastic!

rilla.jpg
Finally my friend has been arrived here!  Also he looked a bit of hungry...needed some bananas.

aquaritter.jpg
And last weekend I played @ Aqua Ritter.  It was a huge club as I thought, about 1000 - 1500 people maximum.
Rilla took the video for me, so it will be coming soon.

Tour is continued...
posted by gonno at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | retrace my shit

2008年09月17日

9月

8月の喧騒も過ぎて、外の空気もあっという間に涼しくなった。

8月終盤〜9月序盤はRock Westのアフターアワーズ、金曜SaloonでDJ、アフターでのDJはかなり調子が悪く、トラックを試し試しプレイしているままで終了。ここ最近プレイしたくなるようなトラックが見つからず、かといって妙にフロアで喜ばれるようなものにも食傷気味。その辺のバランスが全て悪い方に出てしまった感じ。外界を意識しない、作り手が素直なトラックが見つかれば、簡単に解決するのだけど。やはり良かれ悪かれDJはプレイするトラックに依存してしまう。Saloonでは現状を把握、とにかくフロアの足が止まらないような、キックとハットの間隔で流れていくようなプレイに終始徹して、功を奏し、後半UNITでAgoriaのDJが始まると途端に人が減ったけど、中盤までフロアに人が集まり満杯となった。面白いと思ったのが、ブースにたかるお客さんがぶつかる度にアナログは針飛びして、お客さんはその影響で冷めてしまうのだけど、CDはちょっとぶつかった程度では音は飛ばない。例えばこれはミックスが上手くされていないDJにも言えることであって、音の質が良くても、音が飛んでしまったり、音楽の持つ温度がそれに見合わなかったりすると音そのものに魅力が損なわれていくわけであって、音質を追い過ぎるという方向性にパラノイアとなることは、それに束縛され創造性や利便性が失われていくという、そんな極端なシチュエーションをふと考えたりもしました。

最近までどうもパーティに熱が入れられなかったのだけど、この日のSaloonは良くなる切っ掛けになるような気がする。これから10月にかけて、Amate-Raxi〜大阪SoundChannel〜WC@UNIT〜ベルリンの幾つかのパーティーと、ありがたいことに、近い日にかなり幅広い、いろいろな場所でプレイできる機会を持てたので、また新しい、素直な流れを作りたいと思ったりしています。状況はまたここに書こうと思ってます。

ウェブサイト[k]rakcastも、地味に更新しています。現在Shingo Suwa君のライブ音源なども聴けます。今後はDJ Wadaさんのインタビュー、その他もろもろ。こちらも、素直に良いと思えるものを紹介していきたい。
www.krakcast.com
posted by gonno at 12:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | retrace my shit

2008年08月25日

lately

8/15のLOOP、遊びに来てくれた皆さんありがとうございました。

初対面同士の出演者が多かったにも関わらず、なぜか一晩続くような統一感があって良かった。出演者の皆さんにも、忙しい日程の中出演を引き受けてくれて感謝したい。当日はそういった統一感のおかげで一晩がスムーズに、徐々に盛り上がっていく感じ。一番良かったのはBUNPEIだった。あいつが、ここ数年で独自に突き進めていた音楽のアーカイヴとその展開が、とても上手く融和した感じだった。何かのジャンルを一辺倒にプレイするDJに飽きた人は、是非彼のDJを聴いてもらいたい。

自分はというと、ここ最近プレイするものと、7年LOOPで続いたパーティSTOIC以降の、どちらかというとテクノ寄りの古いトラック、ここ10年で今でもプレイできるトラック、等を掛けた。何か良い落とし前は付けられたと思う。

10年以上続けて来てくれる友達が居たのもLOOPでのパーティだったし、時期がくればまた、パーティやりたいと思う。LOOPでの長いレギュラーパーティも一区切りしたので、取りあえず目の前にある客演、WC@UNITを良いものにしていきたい。WC@UNIT次は10月11日、Radio SlaveとWadaさんも一緒。UNIT後、去年に続いてベルリンでのライブ。気温低そうだ。


明けて日曜にはMerkurのSuwaくんが帰国するに際して、OATHにてお疲れさまパーティ。RANEのミキサーでハウス〜ディスコ〜Sigur Rosといった感じでDJ。Suwa君とはしばしのお別れ、10月にベルリンで。

翌日月曜から5日間ほど石川県へ帰省。磯釣り面白い。一匹しか釣れなかったけど。

帰ったら東京はすっかり寒くなってた。今週末31日朝のアフターアワーズ@Rock Westでは、また暑さが戻っているみたい。8月をいい感じで締め括りたい。

http://rockwest.jp/schedule/main.html#j
posted by gonno at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | retrace my shit

2008年07月30日

Re: parties

18日金曜は半年振りのModule、Shingo君の一時帰国に際してMerkurのパーティ、出番はShingo君の次でラスト。パーティの雰囲気はフロアに人が集まる感じで集中力の高いいい感じ、自分のDJは序盤少しアップな展開で、Shingo君のグルーヴィなライブから後だと若干違和感のある展開、その後軌道修正で少しずつ構築していく流れ。若干タテのりな性急感はありつつも、最終的にはいい形まで持ってこれた。最近調子が悪かったから、いい流れにできて何か抜けた感はあった。

20日は朝にAmate-raxi、Salmon君の誕生日に因んでWCクルーとラウンジでDJ。いつもと違うシチュエーションで若干戸惑う。11時ごろまで遊ぶ。

1:00ごろ家に帰り少し寝て、夜はSecoでCactusクルーのパーティ”Comp"のアニヴァーサリーで、Salmon君と出演。こちらは金曜のModuleとまた違った、華やかな雰囲気。SakuくんMizoくん、Salmonくんと続きDJスタート。アニヴァーサリーなのでいつもより攻撃的な選曲、起こす感じ。幾らか攻撃的過ぎた感もあり。Compのパーティ自体がいい雰囲気をつくってた。

やっぱりフロアにいる人の感情の発散は何物にも替えられないと、改めて感じた3日間だった。

来週日曜(8月3日)はアフタヌーンパーティ@Colors Studioでライブ。日曜午後にライブするの初めて、どんな雰囲気になるのか楽しみです。遊びに来てください。
posted by gonno at 10:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | retrace my shit

2008年07月10日

Re: 7.5.DJ Wada Release Party

先週末はWadaさんのリリースパーティでDJ。

他出演者もRyo Murakamiくん、A-inc、Shu Okuyama、Keita Magaraくんなど、馴染み深くも濃い面子で其々のアクトも断片的にしか聴けなかったけど皆良かった。

自分の出番は最後で5:00〜1時間。ここ1ヶ月くらいDJの調子がいまいちだったので掛けるレコードやプレイ内容を少し練り直していて、1時間という短い時間ながら、プレイしているうちに段々とそれが板に付いてきた感があって、次のプレイでは良い感じになると思う。あとここ半年くらいで、フロアが「こういうものが聴きたい」というのが顕著過ぎる気がしていて、そういう意味ではダンスフロアがクローズな感じになってきているのか、と思った。

プレイ後はMagaraくんとWadaさんとバックトゥーバック、Magaraくんも説得力のあるDJだったけど、何よりWadaさんとプレイしてビックリさせられた事が多かった。自分がEQ設定で若干攻め姿勢の音質にした後、Wadaさんは信じられないくらい豊かな低音、そして全く煩いと感じさせない音質で、ミックスしてくる。

音楽の深さに魅せられた瞬間だった。

posted by gonno at 13:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | retrace my shit